BLOG

人工芝の施工のポイント☆

2020/07/13

今日は人工芝の下地のポイントをご紹介致します☆

何と言っても人工芝は下地処理が重要です、その理由は

1.施工後の不陸(陥没)

2.取り除かなかった根っこや球根などによる不具合

3.施工後の仕上がりの品質低下

4.施工後の水溜まりが出来る

など下地処理には重要な役割があります。

当社は山本工業サービスでは下地の状態を確認し、天然芝、雑草などある場合は5㎝から10㎝土を掘削をし、下地材は2種類使用しております。

一層目は土間コンクリートなどでも生コンを流す前に使用する40.0砕石という砂利、2層目は学校などのグラウンドで使われている山砂を使い下地整地後に不具合が無いようにしております☆

山砂には栄養素もなく雑草が生えない効果があります☆

山砂より安い業者間で買える廃材を砕いた物もあるがセメントが入っている為、少し経つと固まってしまう為、将来の張り替えの時に高額になってしまうのでお客様の事を考えNG

また、掘削を行わずに施工すると球根系は光がなくても育ち人工芝を押し上げる、水勾配を考えずに施工すると水が良からぬ方向に流れ溜まる、など施工後の数日で陥没などあってはならない事が起きるからです。

人工芝をただ張るだけが人工芝専門店ぢゃ無い、お客様の将来も考え価値のある人工芝施工をするが私達、株式会社山本工業サービス全員の考えです☆

価値のあるお庭に致します☆